BLOG ブログ

個人オウンドメディアのメリットや成功のコツを解説!

個人オウンドメディアのメリットや成功のコツを解説!
リッキー

リッキー

皆さんは、自分のオウンドメディアを持っていますか?今、個人のオウンドメディアが注目されています。勤めている企業のオウンドメディア運営に携わっているという人なら、こちらの記事をご覧いただいている中には少なからずいるでしょう。しかし個人でオウンドメディアを持ち、継続して運営している人はおそらくほとんどいないのではないかと思います。

今回は、個人オウンドメディアを運営することのメリットや運営に成功するためのコツなどについて、詳しくお話ししていきます。

 

オウンドメディアってなに?

まずは、オウンドメディアの意味をご存知でない方々のために、ご説明していきます。

 

オウンドメディアは、個人で所有しているWebメディアのことです。定義としてはその限りですが、一般的には企業が運営している、コーポレートサイトとは別の自社サイトを指す場合が多いです。

 

個人で所有しているメディアというと、多くの人が真っ先に思い浮かべるのはブログのようなサイトでしょう。ブログはもちろんオウンドメディアに含まれますが、そのほかにもTwitterFacebookInstagramなどのSNSYouTubeなどの動画配信サービスなどで独自のアカウントを持っていれば、それらもオウンドメディアとして考えることができます。

 

つまり、個人が何らかの形で情報を発信することのできる媒体を、広い意味でオウンドメディアと呼ぶのです。

 

オウンドメディアとブログの違い

オウンドメディアとブログの違い

ブログがオウンドメディアに含まれるというのは、先に述べたとおりです。しかし、オウンドメディアとブログでは、目的が異なる点を認識することが大切です。

 

一般的にブログというと、日記的な内容や日常に関する発信をするためのメディアという認識であることが多いでしょう。しかしビジネスにおいてオウンドメディアというと、企業が自社の売り上げアップを目的として情報を発信しているメディアという認識が正しいです。

 

そのため、ビジネスにおいてのオウンドメディアとブログでは、発信するコンテンツの内容にも違いがあります。ブログでは主に個人の日常や考えなどといった運営者が伝えたいことを、利益などの目的はなく発信している場合が多いでしょう。一方で企業が運営するオウンドメディアのコンテンツは、見込み客であるユーザーに役立ち、かつ購入につながるような内容であることが求められます。これは、売り上げアップという目的がある以上は絶対に必要なことです。

 

これを踏まえて個人オウンドメディアというものを考えていくと、個人だからといって必ずしもただのブログになるわけではありません。ただ伝えたいことを発信するのではなく、ユーザーのニーズを考慮し売り上げなど何らかの目的を持って運営しているメディアは、れっきとしたオウンドメディアと言うことができます。

 

個人オウンドメディアのメリット

個人オウンドメディアのメリット


効果的な集客手法

個人オウンドメディアを運営する最も大きなメリットは、集客の手段として非常に効果的であると言う点です。

これまでは、例えば個人経営の店舗などが集客をしたい場合、チラシを店頭に立って配ったり、各家庭のポストに投函したりという手法が一般的でした。しかしこのようは方法では意外とコストがかかってしまい、店の経営にそれなりの負担がかかってしまう場合も多かったはずです。しかもチラシなどはひとりに1枚ずつ配らなくてはいけないため、継続的に集客するにはその分お金がかかってしまうのです。

 

そこで活用することができるのが、オウンドメディアです。オウンドメディアでは、わざわざチラシを配ることに労力を割かなくても、PCで手元の作業だけで情報を発信することができます。さらに一人ひとり個別に発信する必要もなく、コンテンツを公開してしまえばネットを利用する無数の人々に情報を届けることが可能なのです。SEO対策をしっかりして検索結果での上位表示を狙うことができれば、数万人単位の人々に見てもらえる可能性もあります。

また、オウンドメディアの運営にはチラシでの宣伝ほどのコストもかかりません。継続して運営していくことで、集客効果のあるコンテンツをどんどん蓄積していくこともできるため、費用対効果は雪だるま式に高まっていくでしょう。


ブランディングできる

個人オウンドメディアのメリットとして次に挙げられるのは、ブランディングができるという点です。これは店舗の経営者に限らず、フリーランスで活動している人でもオウンドメディアを活用することで、プロとしての自分をブランディングすることができます。

フリーランスの人が自分やその仕事に関する情報をオウンドメディアで発信し、そのコンテンツが多くの人の目に留まれば、そこで自分の仕事に信頼を寄せてもらえることもあり、オウンドメディアを入り口として仕事が入ってくる可能性が生まれます。

一昔前には、腕の良いフリーランスであれば、関係者同士の口コミなどによって十分に仕事をもらうことができていたでしょう。しかし現在はオウンドメディアによって自信をブランディングし、ニーズのある層へ広く売り込みをかけることができる時代になっています。腕が良いだけでは、オウンドメディアを運営している他の同業者にどんどん仕事が回されてしまうかもしれないのです。

 

Webマーケティングスキルの向上

個人がオウンドメディアを運営することで、マーケティングスキルを向上させることができます。

オウンドメディアを始めて間もないうちは当然、Webマーケティングのスキルはほとんどない人が多いでしょう。その状態で運営を始めることは、決して問題ありません。成果を発揮することを意識して運営をしていくと、必然的にWebマーケティングを勉強することになるかと思います。そのため、オウンドメディアを継続的に運営することで、自然にスキルが高まっていくはずです。

 

また、Webマーケティングのスキルはマーケティング全般にも通ずる部分が多いです。そのためオウンドメディア運営によって身につけたスキルは、ビジネスにおいてあらゆる場面で活かすことができるかもしれません。

 

個人オウンドメディア成功のコツとは

個人オウンドメディアを成功に導くために、運営する上でのコツがいくつかあります。そのコツを押さえて効果的な運営をしていくことで、先に挙げたメリットをより実感することができるでしょう。

ここではそんな、個人オウンドメディア成功のコツについてご紹介していきます。

個人オウンドメディア成功のコツとは


分野を狭く絞る

オウンドメディアで扱うコンテンツのテーマは、分野をより狭く絞ることが大切です。

オウンドメディアがWeb上に無数に存在している現代において、一つのテーマあたりの競争率はとても高くなっています。その中には専門分野においてのトップレベルの知識やノウハウを持つ、大手企業などが運営するオウンドメディアもあるでしょう。そのような競合相手に勝つのは大変難しいことです。

そのため個人のオウンドメディアでより多くのPVを得るためには、特定の分野の中でもさらに踏み込んだ狭い分野に特化することが得策となります。例えばグルメをテーマにしたオウンドメディアだと、競合が多く強いメディアも多いため、その中で上位表示を狙うのは至難の業です。そこでグルメの分野の中でもフレンチや中華などジャンルを絞ったり、高級店や大衆店など価格帯を絞ったりすることで、メディアとしての独自性を確保することができます。コアなジャンルに特化したメディアであれば、有力な他メディアと競合することなく成果を期待することができるようになるでしょう。

 

SNSと連動させる

SNSはオウンドメディア以上に多くの人が利用している媒体です。個人オウンドメディアはそのSNSと連動させて運営していくことで、より大きな効果を発揮できる可能性があるでしょう。

これは、企業ではなく個人のオウンドメディアだからこそ積極的にできることです。企業でもSNSと連動させて情報の発信をしているところはありますが、SNSユーザーとの交流を積極的に図っている企業はなかなかありません。企業が一般のユーザーとSNSという場でコミュニケーションをとるのは簡単にできることではないのです。しかし個人オウンドメディアであれば、運営者も個人であるため、ユーザーとのコミュニケーションが図りやすくなります。

SNSで情報を発信し、反応のあったユーザーとは積極的なコミュニケーションを心がけましょう。そのようなコミュニケーションの一つひとつが積み重なって、ユーザーとの強い関係性を築いていくことができるはずです。

 

いま個人オウンドメディアを運営する意義

いま個人オウンドメディアを運営する意義

Young beautiful Asian girl working at home office using digital tablet, with copy space. Business owner entrepreneur, small business startup company, or casual freelance job lifestyle concept.

SNSが普及した現代は、個人の時代とも言われています。2010年代に登場したSNS市場は現在も成長しており、個人同士が媒体を介して関係性を築ける場が増えました。

 

個人がつながれる時代は、フリーランスとしての生き方が市民権を得る時代でもあります。企業同士で進めていた仕事も、業務委託で個人に依頼しやすくなっているのです。あらゆる企業を見ても、コスト削減や業務の効率化のために外注を使う動きは一般化しています。

 

この状況から、オウンドメディアを活用した個人のアピールはとても大きな意味を持ってくるでしょう。個人運営のオウンドメディアで情報発信することによって自らをブランディングしながらアピールし、メディア経由で仕事の依頼を受ける機会が格段に増えるはずです。個人の時代を個人で生きていくためには、オウンドメディアは必須の戦略であるといえます。

 

まとめ

今回は、個人オウンドメディアのメリットや成功するためのコツなどについてお話ししてきました。オウンドメディアは、個人が集客をしたい、またブランディングをしたいなどという際にとても有用な媒体です。

SNSの普及ともに個人の時代が到来した今を生きるために、自分自身で運営するオウンドメディアは非常に大きな武器となることでしょう。