BLOG ブログ

オウンドメディアとコンテンツマーケティングの違いは?理解で集客UP!

オウンドメディアとコンテンツマーケティングの違いは?理解で集客UP!
リッキー

リッキー

皆さんは、「オウンドメディア」と「コンテンツマーケティング」の違いをご存知でしょうか。企業がなにかWeb集客の施策を打ち出そうと考えた時には、この2つの用語を耳にすることが非常に多くなると思います。

しかしこのオウンドメディアとコンテンツマーケティングの違いについては、正しく理解していないという方も多いのではないでしょうか。

 

今回はそんな方々のために、オウンドメディアとコンテンツマーケティングの違いや重要性などについて、詳しく解説していきたいと思います。

 

 

オウンドメディアとは

オウンドメディアとは、企業が自社で所有し、自由に運営することのできるメディア(媒体)のことを指します。

意味をそのまま捉えると、コーポレートサイトや企業パンフレットなどといったあらゆる所有媒体をさすことになりますが、Webマーケティングにおいては主に、自社からユーザーへ伝えたい情報を発信するためのブログやコンテンツサイトのようなものを指すことが多いです。またそのほかに、TwitterFacebookInstagramなどSNSの自社アカウントもオウンドメディアと捉えることがあります。

このオウンドメディアは、アーンドメディア、ペイドメディアと合わせて「トリプルメディア」とも呼ばれています。

 

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは、何らかのメディアを利用してユーザーに価値のある情報を発信し、最終的に見込み客の獲得を目指すマーケティング手法のことを指します。マーケティングとは戦略のことで、つまりは施策ということになります。

ユーザーを引きつけてコンテンツのファンとして取り込み、エンゲージメントを高めていくことで、見込み客、そして実顧客へと育てていくという流れであり、その一連の工程を総じてコンテンツマーケティングと呼びます。

 

オウンドメディアとコンテンツマーケティングの違い

オウンドメディアとコンテンツマーケティングの違い

先述の通り、オウンドメディアとは自社が運営するメディアのことを指し、コンテンツマーケティングはメデイアを通じてユーザーにコンテンツを発信する施策のことを指します。つまりオウンドメディアとコンテンツマーケティングの違いは、媒体(オウンドメディア)か施策(コンテンツマーケティング)かであると言うことができます。

 

オウンドメディアとコンテンツマーケティングの重要性

オウンドメディアとコンテンツマーケティングは、現代のWebマーケティングにおいて重要性を高めてきています。ではなぜ、重要性が高まってきているのでしょうか。

 

マスマーケティングと異なる点

まずマーケティングという枠組みの中において、コンテンツマーケティングはマスマーケティングと対比することができます。まずはその違いを詳しく見ていきましょう。

 

マスマーケティングとはテレビ広告やラジオ広告、新聞・雑誌の広告などのような、不特定多数の消費者に向けて実施されるマーケティング手法のことを指します。企業は多額のコストをかけてそれらのマスメディアに広告を出稿し、より大勢の人々に自社の商品やサービスを宣伝するのです。

 

しかしマスメディア広告は、視聴者が見たいコンテンツ(番組や記事など)の間に差し込まれるため、コンテンツとは関係のない広告であるケースがほとんどです。そのため一部の顕在顧客以外の人々からは、いらないものとみなされてしまう可能性が高いのです。より多くの人に届けられる反面、獲得できる見込み客の割合が限りなく少ないのがマスマーケティングです。

 

それに対してコンテンツマーケティングは基本的に、ある程度は自社の商品やサービス、もしくはその周辺のテーマに興味を持っている人々に向けて情報を発信します。コンテンツを見る人からすると、自分が興味のある分野であるため邪魔な情報になる可能性は低く、そこから獲得できる見込み客の割合も高くなります。

 

 

時代とともに増加した情報量

時代とともに増加した情報量

ひと昔前の世の中と比べると、現代では人々が触れることのできる情報量が爆発的に増えました。その情報量は、すでに人々が消費しきれないほどにまで達しているとも言えます。

 

その中で現代人には、限られた自身の時間の中で本当に必要な情報だけを取り込むために、情報の選別をする必要が出てきました。自分が得たい情報だけを受け取るのには、マスメディアの広告は向かないのです。

 

その結果として、マスメディアの広告の効果は薄れ、それに代わってオウンドメディアを利用したコンテンツマーケティングの重要性が高まってきたのです。

 

企業としても、見込み客になり得る層のみにターゲットを絞った集客が必要になってきています。そのため、オウンドメディアを立ち上げたり、コンテンツマーケティングを始めたりという動きが各企業で大変活発になっているのです。

 

まとめ

オウンドメディアは企業が自社で所有し運営する媒体、そしてコンテンツマーケティングはオウンドメディアを利用したマーケティング施策です。

マスメディアの広告の効果が薄れてきている現在、オウンドメディアやコンテンツマーケティングの重要性は非常に高まっています。ぜひこれらの意味の違いや具体的な内容を正しく理解し、新たな集客の形として取り入れてみてはいかがでしょうか。