BLOG ブログ

YouTubeはタイトルで決まる|再生回数を大幅に上げるためのキーワード選定やSEO対策について紹介

YouTubeはタイトルで決まる|再生回数を大幅に上げるためのキーワード選定やSEO対策について紹介
zukky

zukky

YouTubeで視聴者が動画を視聴する決め手は何でしょうか。実際に利用してみると答えは明白。それはサムネイルとタイトルです。多くの動画の中から最も興味を引くものだけが選択され、動画の中身が初めて見られます。タイトルとサムネイルが効果的でなければ、動画が埋もれる原因になってしまうのです。
そこで今回はYouTubeにて動画の視聴回数を上げるために必要な「タイトルの決め方」を紹介します。SEO対策や具体的な作り方も伝えるので、参考にしてチャンネル運営に役立ててください。

タイトルを決める際の基本

タイトルの決め方を具体的に教えていく前に、基本的なことを理解しておきましょう。タイトル決めの際に重要となるため、実際に作る際には意識しておいてください。タイトルを設定するたびに感覚が研ぎ澄まされ、よりよいものを作ることができるようになるでしょう。

タイトルは最大100文字まで入力可能

YouTubeの動画に付けられるタイトルは最大で100文字となっています。とても長いタイトルを付けているクリエーターも見かけますが、基本的にはここまで長い必要はありません。人間が1秒間に確認できる文字数は限られており、一瞬で気を引くことが望ましいYouTubeの世界ではより短くインパクトがあるタイトルがよいでしょう。
YouTube
のタイトルの推奨文字数は32文字といわれており、この文字数内であれば関連動画欄などでもタイトルが隠れることなく表示されます。タイトルを決める際には、どのタイトルが最も効果的なのかを考えてながら設定していきましょう。

YouTube SEOを意識したタイトルにする

WebメディアなどではおなじみのSEOという概念。Googleが運営していることからも、YouTubeにおいてもSEOが重要視されています。SEOは検索を行った際に、動画が上位に表示されることを狙う手法のことです。検索順位が上がることで、よりターゲットに近い視聴者層にリーチできます。
タイトル以外にも必要な要素はありますが、タイトルから整えていくことが鉄則です。また検索をしたユーザーに、自分が求めている動画だとわかるようなタイトル付けが求められます。最適なフレーズを見つけ出し、動画への集客を促進しましょう。

サムネイルと合わせて動画の内容を期待できるものにする

タイトルは基本サムネイルと合わせて活用されます。おすすめ動画欄や関連動画欄を見てみると、サムネイルとタイトルが合わせて表示されていることがわかるでしょう。この2つのインパクトによって動画が視聴されるわけですが、より動画の内容が面白いと期待できるものである必要があります。
タイトルに関していえば、「何が何をしてどうなるのか」がイメージできると効果は高いでしょう。そして動画でその期待を超えること、これがYouTube運営で大切になります。

 

目を引くタイトルを付けるコツ

ではタイトルを付ける際に最重要ともいえる、目を引くタイトルを付けるコツについて紹介していきます。タイトルは単純に動画の内容がわかるだけでは弱く、効果が見込めません。そこでどうすれば視聴者が興味を持ってくれるのかといった視点から解説を進めていきます。

まずは検索キーワードに注目

まずは視聴者が動画のタイトルを見て、自分向けの動画であることを認識させなければなりません。そのために活用できるのがキーワードです。狙う検索キーワードはいわば、動画の内容を伝えるためのキーワードでもあります。視聴者がそのキーワードに興味があるのであれば、タイトルを見て動画が気になる確率は上がるでしょう。
しかしただやみくもに検索キーワードを選べばいいのではなく、ニーズのリサーチをした後に最適なものを選んでください。このときに何を選定するかによって、視聴者の反応も変わってきます。よりよいものを模索していきましょう。

タイトルには狙うキーワードを過不足なく盛り込む

キーワード関連でもう一つコツを紹介します。メインとなるキーワードを選定したら、まずYouTube上で検索バーに入力してみましょう。するとサジェストワードがいくつか出てくると思いますが、これらも重要なキーワードの一つです。
サジェストで入力されている単語は、メインのキーワードとともによく入力されているもの。タイトルの中に入れ込むことで、より具体的な内容になることが予想されます。入れすぎは逆効果ですが、訴求性の高いタイトルのためにも、サジェストワードに着目するということも覚えておきましょう。

検索キーワード以外にもインパクトのあるフレーズを

「検索キーワードを選定し、フレーズが完成したらタイトル付けは完成です」と言いたいところですが、これだけでは訴求性が足りない可能性があります。動画の内容が伝わるフレーズが出来上がったら、次は動画の面白さが伝わるようなインパクトのあるフレーズも入れ込んでいきます。
「○○をしたら、驚愕の結果に!」や「絶対にやってはいけない習慣」のようにインパクト重視のフレーズも重要です。タイトル付けに困っていたとしたら、競合で伸びている動画のタイトルを分析してみるとよいでしょう。ヒントが得られるはずです。

人目を引くタイトル付けの7つの方法|週刊アスキー

YouTubeにおけるSEO対策のポイント

YouTubeSEO対策はGoogleにおけるものよりは効果が薄いですが、検索ニーズが明確なユーザーが訪問する可能性が高いです。そのためファン化までの導線がしっかりしていれば、チャンネルの成長にも大きくつながるでしょう。そこでYouTube SEO対策についてもポイントも押さえておきます。

タイトルの先頭にキーワードを

タイトルの先頭にキーワードを持ってくるのは、SEO対策の基本です。というのも検索順位を決めるのはYouTubeAIとなっているので、できるだけシステムに認知しやすい形にしなければなりません。まずは先頭にキーワードを持ってきて、フレーズを構築しましょう。
フレーズを決める際の文字数も32文字以内にとどめておくことを推奨します。サムネイル同様、一瞬で視聴者の興味を引くためには、ほどよい長さで訴求性を高めることが重要です。長々としたタイトルではなく、簡潔でインパクトのあるものを目指してください。

視聴者のニーズを想定した検索ワードを選定

検索ニーズを意識したキーワードを選定も重要です。キーワードを入れ込むと視聴者の目を引きやすくなると先ほど伝えました。実は事前にどのキーワードがどれだけニーズがあるのかは、競合チャンネルの動画などのリサーチをすればわかってしまいます。
手に入れたデータを基に視聴者層の分析などを行っていき、より明確なペルソナが決まったところでタイトルを設定すると、キーワード選定の効果が爆発的に上がるでしょう。ぜひSEOを最大化するための施策として取り入れてみてください。

検索ボリュームのあるキーワードを狙う

検索ボリュームを見て検索ワードを絞ることも重要です。月間の検索数が少ないワードはよりニッチな視聴者層にアプローチできるというメリットはありますが、「ボリュームが大きい=関心が高い」ということ。トレンドに合った動画を狙うこともマーケティング的には重要です。
しかしYouTubeの検索ボリュームを調べる機能はYouTube上にはありません。そこで外部ツールを活用します。ahrefsを活用すると、指定したキーワードがどれだけ検索されているのかを知ることが可能です。その他Googleトレンドなども、世間の関心を得るのには重宝するでしょう。
ぜひこれらのツールを活用して、最適な発信をしていってください。

タイトルを磨いて成果を最大化

YouTubeにおけるタイトルの決め方について紹介してきました。タイトルは視聴者の入り口となる重要な部分です。そのため訴求性のあるフレーズと瞬時に目を引くインパクトが決め手となります。ぜひ今回紹介したノウハウを生かして、動画発信をより円滑に進めていきましょう。

 

参考サイト:

 

WRITER - 記事を書いた人 -

zukky
zukky

動画クリエイター兼ライター。企画・撮影・編集から動画製作をサポート。動画マーケティングを意識した制作をしており、市場分析やブランディング戦略も同時に提案している。動画制作以外にも、動画系記事の執筆やYouTubeチャンネルプロデュースなど、動画を媒介として幅広いジャンルで活動中。