BLOG ブログ

コンテンツマーケティングに強い会社の選び方とオススメ会社10選

コンテンツマーケティングに強い会社の選び方とオススメ会社10選
リッキー

リッキー

コンテンツマーケティングは、企業のホームページやオウンドメディアへの集客を強化する手段として有効な施策です。

ホームページやオウンドメディアは、企業が集客をする上で非常に重要な入り口となります。以前は、自社コンテンツでは自社がアピールしたいことを掲載するというのが主流でしたが、近年では発信するコンテンツ内容をユーザーのニーズに寄せていくことが求められています。

 

ここでは、そんな現代において適切なコンテンツマーケティング会社を選ぶための方法と、オススメの会社についてご紹介していきます。

 

コンテンツマーケティング支援会社選びの重要性

Webサイト制作だけを依頼したいのであれば、どこの会社に依頼してもそれなりの成果が上がってくるでしょう。なぜなら、Webサイトはある程度テンプレートがあり、技術力の高くないWeb制作会社でもそれなりのサイト制作が可能だからです。

 

しかし、コンテンツマーケティングに関しては、施策を成功に導くノウハウを持った会社は決して多くありません。コンテンツマーケティング事業を行なっていても、実績やスキルが十分でない会社も存在しています。

また、コンテンツマーケティングを成功させるといっても、目的によって必要なノウハウやスキルが異なります。そのため、目的に応じて最適なコンテンツマーケティング支援会社を選ぶことが非常に重要なのです。

 

 

コンテンツマーケティング支援会社の選び方

まずは、コンテンツマーケティング支援会社を選ぶ際に基準とするべきポイントをご紹介します。見るべきポイントが明確になることで、会社選びもスムーズに進むでしょう。

 

ポイント1:制作可能な領域

コンテンツマーケティング支援会社を選ぶ際に最も重視すべきなのは、どれだけのパフォーマンスを発揮してくれるかという点です。つまり、その会社で制作可能な領域ということになります。

制作領域については、判断する要素がいくつかあります。

 

ライティングの質

制作領域として確認する事項で、特に重要なのはライティングの質です。コンテンツマーケティングは記事コンテンツを武器に集客を行っていく施策であるため、支援会社では基本的に一定以上の質のライティング体制が整っているはずです。しかし細かく見ていくと、抱えているライターのスキルによって上がってくるコンテンツの質も異なってきます。実際に検討している支援会社が携わっているサイトの記事を見て、ライティングの質を見極めるのも一つの手でしょう。

また重ねて確認しておきたいのが、ライティングのリソースがどれだけあるかという点です。抱えているライターの数が少ないと、コンテンツ制作が滞ってしまった時に補い合うことができません。ライティングリソースが豊富な支援会社であれば、急なアクシデントなどがあっても柔軟に対応できるでしょう。

 

得意としているジャンル

コンテンツマーケティング支援会社にはそれぞれ、得意なジャンルや苦手なジャンルがあります。自社の商品やサービスの分野を得意としている会社に依頼すると、より質の高いコンテンツを期待することができます。

近年では「健康アップデート」と呼ばれるGoogleのアルゴリズム変動によって、医療・健康分野についてのコンテンツの専門性がより重視されるようになりました。その例に代表されるように、最近のコンテンツマーケティングではコンテンツの質が重視される傾向にあります。質の高いコンテンツを発信するためには、支援会社選びの段階でそれぞれの会社が得意としているジャンルを見極める必要があります。

 

コンテンツ制作以外のサポート

コンテンツを制作して発信していくだけがコンテンツマーケティングではありません。コンテンツの発信によって成果をあげるためには、あらゆる戦略を立てて実行していく必要があります。

例えばキーワードの選定から行ってくれたり、SEO関連の施策を打ち出してくれたりと、コンテンツマーケティング全体の戦略面のサポートをしてくれる支援会社であれば、自社にノウハウが無くとも安心して任せることができますね。

 

ポイント2:実績

コンテンツマーケティング支援会社のWebサイトでは、過去の実績が紹介されていることが多いです。紹介されている実績で依頼する会社を決めるというのも一つの手でしょう。

ここで注意すべきは、あくまでコンテンツマーケティング自体の実績を見る必要があるという点です。コンテンツマーケティング支援サービスを提供している会社は、もともとWeb制作会社であることが多いです。Web制作において高い実績を誇る会社でも、コンテンツマーケティングにはあまり強くない場合もあるのです。

 

そして特に注目するべきポイントは、実績の数ではなく詳細です。コンテンツマーケティングを手掛けた業種、支援した内容、現在の運用状況などを確認しましょう。

実績から支援内容の特徴を読み解ければ、依頼した時にどのようなコンテンツマーケティング施策が実施されるのか予想できます。そのほか現在運用中のサイトも見ていき、コンテンツのクオリティや更新の頻度なども確認しておくとより確実な会社選びができるはずです。どれだけのクオリティのコンテンツを月にどれくらい更新できているかは、そのサイトを手がけているコンテンツマーケティング支援会社のサービスの手厚さという点にもつながります。質の高いコンテンツを量産できることは、支援会社としての力量を測る大きな指標です。

 

ポイント3:規模

規模

会社の規模は技術力と必ずしも比例するわけではありませんが、会社を選ぶ一つの基準として見ておくとよいかもしれません。コンテンツ制作は担当者によって品質の違いが出てくるため、会社の規模で良し悪しが決まるわけではありません。しかし大きな会社は、コンテンツマーケティングであるにしろないにしろ、それだけの実績を重ねてきているはずです。ただし、規模の大きな会社の場合は費用が高くなってしまうことが多いというデメリットもあることは理解しておきましょう。

 

ポイント4:サービスの具体性

コンテンツマーケティング支援会社を決める際には、まずいくつかの会社から見積もりを取り、打ち合わせでサービス内容を提案してもらいますよね。ここで確認するべきポイントはいくつかありますが、サービスの具体性は重要です。

特にコンテンツ制作にかかる期間や費用、制作の方向性などをどれだけ具体的にこちら側に明示してくれるかという点は、コンテンツマーケティングによって望んでいる成果を上げるにあたっては非常に大きなポイントです。予算や想定している期間、また目指しているサイトイメージを実現してくれる会社を選ぶようにしましょう。

 

ポイント5:コストパフォーマンス

コストパフォーマンス

コンテンツマーケティングに限った話ではありませんが、他社へ何かを依頼する際にコストに見合う効果や成果が出せるのかは、見逃せないポイントです。当然、かけるコストの大小によって、成果の出方が変わってきます。

 

そのことを踏まえて、コンテンツマーケティングを依頼する上でのコストのかけ方を考えると、コンテンツサイトを構築する工程よりも、その後の運用により比重を置く方が得策でしょう。見栄えの良いサイトを作ることももちろん重要ですが、コンテンツマーケティングでは、その後継続的に新しいコンテンツを発信し続けることや既存コンテンツの改善をしていくことの方が大切です。

 

それらのポイントを意識しつつ、高クオリティなコンテンツ制作を低コストで受注してくれる会社を選びましょう。

 

 

コンテンツマーケティングに強い会社5選

ここからは、実際にコンテンツマーケティングで成果を出している、“コンテンツマーケティングに強い会社”をご紹介していきます。

ぜひ支援会社選びの参考にしてみてください。

 

株式会社イノーバ

株式会社イノーバ

株式会社イノーバは、オウンドメディア構築やWeb制作、SEO、コンテンツ制作などのサービスを提供しています。日本国内でいち早くコンテンツマーケティングを広めた、自他共に認めるリーディングカンパニーとして知られています。海外にも由来する豊富なノウハウで、コンテンツマーケティングの支援実績は500社以上となっています。

またその他の特徴として、ホームページの制作から運用、さらに集客と、一連の工程を全て自社でまかなえるソフトウェアを開発・提供している点も挙げられます。ソフトウェアの導入実績はこれまでで260社以上と、あらゆる角度からのマーケティング支援を実現しています。

運営している自社メディアは月間で10PV500以上のキーワードで検索結果1位を達成するなど、コンテンツマーケティングのノウハウとしては業界トップのものを持っています。

そのほか、コンテンツ発信後の分析や既存コンテンツの改善についても高いスキルを持っており、分析して課題を出し、改善策を打つという流れを常に実行することができます。

 

こんな会社には「株式会社イノーバ」がおすすめ

  • 豊富な実績を持つコンテンツマーケティング会社を探している
  • 自社メディアへの流入が伸びない
  • メディアの運用を自社で回せる体制を作りたい


ナイル株式会社

ナイル株式会社

ナイル株式会社は、デジタルマーケティングやスマートフォンメディアなどの事業を展開している企業です。Webサイト集客のノウハウが豊富なことで知られ、顧客にとって優位性の高いサービスを設計、運用しています。

コンテンツマーケティングに関しては、コンサルティングとコンテンツ制作のどちらもサポート可能です。高い分析力で、顧客に応じた最適なコンテンツ制作・運用を実現することが可能です。

また、特にSEOを含めた多角的なサポートに関しての評判が非常に良いです。コンテンツ制作だけでなく、Webマーケティング全般においての充実したサポートで顧客の集客力を効果的に拡大します。

 

こんな会社には「ナイル株式会社」がおすすめ

  • 手厚いサポートをしてくれる会社を探している
  • SEOに強いサイトを作りたい
  • 制作会社とのコミュニケーションを密に取りたい


サムライト株式会社

サムライト株式会社

サムライト株式会社は、コンテンツマーケティングを軸に顧客のデジタルマーケティングを支援する会社です。オウンドメディアを立ち上げから支援し、国内でも有数の高い実績を誇っています。

オウンドメディア支援だけでなく、アーンドメディア支援やペイドメディア支援まで行っているのが特徴で、トリプルメディア全てを網羅した支援体制が魅力です。

また独自のネイティブアドネットワークを確立しており、Web集客においての信頼性は非常に高いでしょう。

 

こんな会社には「サムライト株式会社」がおすすめ

  • オウンドメディアを立ち上げから支援してほしい
  • トリプルメディアを幅広く駆使した集客がしたい
  • 優位性の高いWeb広告施策を行いたい


株式会社インフォバーン

株式会社インフォバーン

株式会社インフォバーンは、徹底したユーザー目線のコミュニケーションデザインで、プロダクト開発、戦略設計、プロセス管理、そして運用まで、顧客のビジネスの成長をサポートする会社です。“イノベーション”“ブランディング”“クリエイティブ”という一連のフェーズにおいて、デジタルコミュニケーションのトータルサポートをしてくれます。

独自のライター・編集者ネットワークを持っており、コンテンツ制作においてまかなうことのできる専門領域が広いことも特徴です。

 

こんな会社には「株式会社インフォバーン」がおすすめ

  • コンテンツマーケティングのトータルサポートをお願いしたい
  • 自社に寄り添うようなサポートを望んでいる
  • ニッチな分野だが専門性の高いコンテンツ制作がしたい

 

株式会社エコンテ

株式会社エコンテ

株式会社エコンテは、戦略策定から制作・構築、また改善・運用まで、企業の課題に向き合いながらマーケティング戦略を全般的にサポートしてくれる会社です。PDCAサイクルを重視したコンテンツマーケティングのサポートに努めており、『Qzoo』という自社運営のモニターサイトから得たリサーチ結果をもとにユニーク性の高いコンテンツを制作しています。

また、インフォグラフィックやデータビジュアライゼーション、動画制作などのサービスも提供しています。特にインフォグラフィックやビデオグラフィックの制作実績は国内でもトップクラスで、エコンテ自体のコーポレートサイトにも非常に美しいグラフィックが多く用いられています。

 

こんな会社には「株式会社エコンテ」がおすすめ

  • コンテンツマーケティングでもPDCAサイクルを確立したい
  • ユニーク性の高いコンテンツ制作がしたい
  • 美しいグラフィックを作りたい人

 

株式会社イード

株式会社イード

株式会社イードは、メディア事業、リサーチ事業、メディアコマース事業を手がけています。コンテンツマーケティングカンパニーとして、企業のデジタルマーケティング支援事業を軸に、顧客やユーザーへ最高のUXを提供できるよう努めています。

メディア事業では、実に50サイト近くのメディアを運営している実績があり、そのジャンルも非常に幅広いです。サイトの立ち上げから運営まで通したサポート実績が非常に豊富な点も信頼できます。またリサーチ事業でも高度な解析を行っており、顧客のニーズに沿ってとても多彩なマーケティング戦略を打ち出すことができます。

 

こんな会社には「株式会社イード」がおすすめ

  • UXを重視したサイト作りがしたい
  • リサーチ力の高い会社に依頼したい
  • メディアの立ち上げから確実なサポートをしてもらいたい

 

株式会社ウェブライダー

株式会社ウェブライダー

株式会社ウェブライダーは、関西では最大級のWebマーケティング会社です。Webマーケティング支援事業とコンテンツ制作事業を中心に、その他にWebライター育成事業も行っており、セミナーや企業研修などを実施しています。

ウェブライダーのコンテンツ制作の特徴として、伝わりやすく理解しやすいコンテンツの制作に努めている点が挙げられます。ストーリー仕立ての記事などユニークな形のコンテンツも得意で、ライティングのノウハウが非常に豊富です。読みやすいコンテンツであるために外部リンクの獲得も期待でき、SEOに強いメディア運営をすることができるでしょう。

 

また、Webマーケティング業界では有名な『沈黙のWebマーケティング』という書籍を編集している会社でもあります。

 

こんな会社には「株式会社ウェブライダー」がおすすめ

  • 伝わりやすくユニークなコンテンツを制作したい
  • ノウハウの確立された高度なライティングを求めている
  • 関西圏で、直接会って打わせが可能な支援会社を探している

 

株式会社ルーシー

株式会社ルーシー

株式会社ルーシーはコンテンツマーケティングを中心に、Webサイト制作、記事制作代行などのサービスを展開している会社です。コンテンツマーケティングのコンサルティングにおいて数々の目覚ましい実績を持っています。中でも、有名なオンラインストレージサービスで有名な「Dropbox Japan」や、コンテンツマーケティングの成功事例として注目を浴びることもある「LISKUL」などのコンサルを手がけていることは特筆できます。

 

また、ルーシーの事業の中でも特に知名度が高いのが、Webマーケティングのノウハウを提供するコンテンツメディア「バズ部」の運営でしょう。特にSEO関連のコンテンツは非常に情報の精度が高く、SEO業界ではこの「バズ部」から知識を得ている人も多いです。マーケティングノウハウの豊富さは株式会社ルーシーの大きな魅力と言えます。

 

こんな会社には「株式会社ルーシー」がおすすめ

  • 実際に成功しているコンテンツマーケティングのエッセンスを取り入れたい
  • SEOを重視したコンテンツマーケティングを行いたい
  • 「バズ部」のコンテンツに信頼を寄せている

 

リーディング&カンパニー株式会社

リーディング&カンパニー株式会社

リーディング&カンパニー株式会社は、記事制作、映像制作、サイト制作などのクリエイティブなサービスを主に提供している会社です。ライター、エンジニア、映像クリエイターから成る組織で、クリエイターによる高品質な制作によって顧客のマーケティングをサポートします。記事コンテンツの文章へのこだわりが非常に強く、徹底的なリサーチをもとに、ユーザーを惹きつけるタイトル設定、記憶に残る文章作りを強みとしています。

 

また、英語力のあるライターが多い点も特徴です。海外からも情報を仕入れることができるため、コンテンツで伝えることのできる情報の精度は非常に高いです。

 

こんな会社には「リーディング&カンパニー株式会社」がおすすめ

  • コンテンツ内の文章にこだわりたい
  • 幅広い情報源をもとにコンテンツ制作を行いたい
  • 他社とは違うユニーク性の高いコンテンツを発信したい

 

株式会社IKUSA

株式会社IKUSA

弊社・株式会社IKUSAは、コンテンツマーケティング、オウンドメディア構築などのサービスを提供しています。

コンテンツマーケティングでは、お客さまへの徹底的なヒアリングをもとに細かくキーワード選定を行い、専門性の高い独自のライターネットワークを駆使して質にこだわったコンテンツ制作を行います。SEO対策による上位表示を狙い、最終的なコンバージョンを見据えた顧客目線のサポートはご好評いただいております。

有名企業様へのサポート実績も充実しており、各顧客の目的実現に向けて効果的な施策を実行しています。

>>実績についてはこちら 

 

こんな会社はぜひ「株式会社IKUSA」へお問い合わせください

  • 対策キーワードの設定にこだわりたい
  • コンテンツのSEO対策を重視したい
  • 専門性の高いライターにコンテンツ制作をお願いしたい

 

コンテンツマーケティング支援会社への相談前に検討しておきたいこと

ここまで、コンテンツマーケティング支援会社選びの重要性やオススメの会社についてお伝えしてきました。どのコンテンツマーケティング支援会社に問い合わせてみようかと考え始める段階に来て頂けたかと思います。しかし、問い合わせ前に検討すべきことがいくつかありますので、最後にご紹介いたします。

 

コンテンツマーケティングの目的

コンテンツマーケティングを始める際に陥りやすいのが、「とりあえずコンテンツマーケティングを始める」という状況です。それまで知らなかった人にとっては目新しいWebマーケティング手法であるため、コンテンツマーケティングを行うことそのものが目的になってしまっている場合が多いのです。コンテンツマーケティングを実施する目的が明確に決まっていなければ、費用や手間がかさんできた時期に、施策を中断せざるを得なくなってしまうでしょう。

 

自社の商品やサービスの販売、Web集客の増加、自社のファンコミュニティ作りなど、目的を設定した上で、コンテンツマーケティングのプロである支援会社の担当者に、目的を達成するための手段を提案してもらうようにしましょう。

 

社内の制作体制

ライティングリソースの確保など、社内でコンテンツマーケティングを行なっていくための体制が整っているかどうかという点に関しても、事前に確認が必要です。

社外のコンテンツマーケティング会社に依頼するとしても、少なからず社内で行わなくてはいけないタスクというのは生じてきます。そのため専任・兼任問わず、社内にもコンテンツマーケテイングの担当者を用意する必要があるのです。

 

ただし担当者が他の仕事と兼任して行なっている場合、せっかく取り組んでいるコンテンツマーケティングのプロジェクトが中途半端になってしまう可能性があります。Webの知見を持たない業種の企業では、目新しいWebマーケティング施策というのはなかなか簡単には担当することができないため、可能であれば専任の担当者を確保することが望ましいでしょう。

 

また、コンテンツマーケティングに割くことのできる予算も確保しておきましょう。予算についても、Webマーケティングに知見を持たない企業では確保することがなかなか難しいかもしれません。継続期間が長くなればなるほどコストパフォーマンスが高まっていく施策であるという理解を社内で十分に深めることで、予算の確保もしやすくなるはずです。

 

自社が持っている資源を整理する

コンテンツマーケティング支援会社に依頼する際には、自社が持っている資源について問われることが多いです。そのため、事前に自社の資源を整理しておく必要があります。

資源というのは、例えば自社のトリプルメディア運用の状況や、マーケティングの状況、またコンテンツとして発信できる情報などです。それらを整理して明確にしておくと、いざ依頼した際にもスムーズに自社の状況を共有できるはずです。それによって、支援会社としてもよりマッチした戦略の立案がしやすくなるでしょう。

 

更新のペースは決まっているか

更新のペースは決まっているか

コンテンツマーケティングにおいて重要なのは、継続的な運用です。サイトを作って何本かのコンテンツを入れておけば良いという施策では決してなく、常にその時々にニーズのある情報を、質の高いコンテンツで発信し続けることで効果を発揮するのです。

コンテンツマーケティングのメリットの一つとして、ユーザーがサイトのファンになってくれる可能性があるというものがあります。しかし、いくらはじめに価値のあるコンテンツを発信してファンを増やしたとしても、その後更新がストップしてしまえば、やがてファンが離れていってしまうことは言うまでもありません。

 

継続的に運用していくためには、ある程度更新するペースをあらかじめ定めておくとよいでしょう。例えば毎週月曜日や、毎月第2・第4水曜日に2本ずつなど、コンテンツを発信するタイミングを決めておくことで定期的なタスクとすることができ、継続的に更新していくことがしやすくなります。

社内のリソースも考慮し、可能な限りで最大限の効果を発揮できるような運用ルールを定めていきましょう。

 

集客を意識しているか

コンテンツマーケティングではコンテンツを発信することがもちろん重要ですが、それにともなって集客という点についても意識する必要があります。

コンテンツ制作ばかりに気を取られてしまい、せっかく何十記事も更新しているのに、記事のPV数が一向に伸びてこないなどという状況に陥ってしまうこともあります。

 

集客の戦略として最も一般的なのは、やはりSEOです。Google検索で上位表示を果たしているページはそれだけPV数も伸びるため、コンテンツの内容はもちろん、サイト全体のSEO対策もしっかり施しておくとよいでしょう。

そのほか、SNSを活用する手段もあります。例えばTwitterFacebookなどでも固定のファンを作り、そこでコンテンツの更新を知らせる投稿をすることで、SNSからの流入を見込むことができます。また、SNSであればフォロワーによるシェアなどによってさらに拡散してもらうこともできるでしょう。

 

まとめ

今回は、コンテンツマーケティングに強い会社の選び方と、オススメの会社についてご紹介してきました。

現状では、決して全てのWeb制作会社がコンテンツマーケティングの確かなノウハウを持っているとは限りません。そのため会社選びは、コンテンツマーケティングを成功させる上で非常に重要な要素になります。

ぜひこちらで挙げた会社を目安として、皆さまそれぞれの企業に合ったコンテンツマーケティング会社を選んでみてください。